Here My Thoughts –Work Balance−

ノルウェーで一ヶ月をまた過ごして、全体的に振り返ってみようと思います (。・ω・。)

今回は、私の主観がかなり入ってしまう記事になってしまうことをお許しください。

+最近お気に入りとなった かがみの孤城 (The Solitary Castle in the Mirror ) を読み、色々と考えさせられました。(笑)私のオススメの本なので、ぜひ読んでみてください。読みやすい文体で仕上げられています。

 


 

ノルウェーと日本で、ここがまず違うなと思ったこと。それは自分への余裕です。

 

<日本>

私が日本(東京)にいると、いつも何か息苦しさやストレスを感じていて、特に電車に乗った時、知らない人と向かい合って、たまに目があってしまう。そんな小さなよく起こりうる事にものすごいストレスを感じます。

 

2015040609.jpg

 

−気まずい。見ていた、見られていた、いつから見られていた?、相手に誤解を与えた?

ただ目があっただけで、私の頭の中では騒ぎが起こる。

−なぜこんな人の顔を見てしまったんだろう。この人は私と目があって、どう思ったんだろう。

 

他の人なら気にしない事を過剰に気にするようになってしまったのは、中学生の頃送った学生生活のせいです。

誰でもきっとトラウマというものを抱えていて、そのトラウマを克服出来る人もいれば、一生できない人もいる。

私のトラウマは、きっと克服できるものなんだろうけど、克服したと思ったところで、きっと何かのきっかけで再発するんだろうなって。そんなものです。

 

今でも与えた人のことを許さないし、一生許すつもりもありません。

思い出すと辛いし、むしゃくしゃするし、あの夏にどうしても学校の門をくぐれず、遠くから聞こえてくる金管楽器の音に怯え、逃げ出し、汗びっしょりになって帰宅し、人と会うことが怖くなり、私と私の親の前でアイツをかばった教師にも、今でも殴ってやればよかったと後悔しているけど、今の生活を考えると私はよっぽど幸せな人です。(真っ黒ですみません笑)

 

おかげさまで中学の時は誰とでも仲良くしようとしていたけど、徐々に自分の変化に気づき、一緒にいたい、心地いいと思える人を選ぶようになる。

 

でもきっといつかは、あんな最悪な経験をさせてくれてありがとうと言える日が、来るんだろうな。そう思っています。

.

.

.

大学でたくさんの共通の興味を持つ友人を持つことができ、大学生活の終わりにはアーネと出会い、彼の育った国を訪れ、新しい「住む」世界を知ることができた。

アメリカには各地に何回も訪れました。多くの人が違うライフスタイルを持っている。それはすごく私が持つ日本でのライフスタイルとは違くて、ギャップを感じてショックを受けたり。アメリカは大好きだけど、みんなに会いに行きたい国だなって、今は思っています。

 

<スカンジナビア諸島>

今私の心が必要なのは、ノルウェーやデンマークのような、人々から垣間見える余裕が出す、全体的な心地いい雰囲気

 

そこにずっといると、自分が何にストレスを受けているのか忘れてしまうような、そんな空気。

仕事。自分の仕上げられる分を把握し、与えられたタスクを管理する力をまず伸ばし、効率的に仕事を仕上げていく。終わったら(時間になったら)すぐ帰る。早く出社すれば、早く帰宅できる。

お兄ちゃんはあんなに大変だと言っていた日本での仕事。

その話と、実際に目にしたスカンジナビアで働く彼らのワークライフを比べると、日本のそれは、明らかにphysical stregnthとmental strengthがバランスを取れていないのがわかる。

 

「仕事に支配されるのではなく、自分がコントロールする」

 

-7494282877293631839_IMG_9482.jpg

 

定時に家に帰り、家族とご飯を食べて、楽しく夜を過ごし、眠る。

日曜日にはお店が閉まってしまうので、家族でハイキングに行き、自然を楽しむ。

また週の始めがやってきて、仕事に取り掛かる。

 

そんな安定したバランスが取れている仕事の様子。

 

もちろん色々と訳が違うのが、文化の違いってやつですが、どっちが幸せなのでしょうか。

少なくとも私の目には、彼らの方が幸せだと映りました。

.

.

.

セブンイレブンが世論を気にしてか、フランチャイズのオーナーが、24時間経営を止めたとしても、違約金の支払いを命じないと決めましたね。

このような動きが目立つようになり、少しずつ働き方が見直されている日本ですが、より働く人々に優しい環境が取り入れられることを、強く望みます。

 

 

Chiaki


Here My Thoughts –Work Balance−」への2件のフィードバック

  1. 難しい問題ですね。価値観の違い。幸せの価値観。
    お金がたくさんあれば幸せな人もいるし、そうじゃない人もいる。
    自分が自分らしく生きられるのが一番ですが‥‥、北欧のように生きるのは、今の日本では難しいことかもしれませんね”(-“”-)”

    いいね

    1. tabisurueiyoushiさんの言う通りだと思います。日本は北欧のような生活を見習うべきだ、という見解はあまりに曖昧だと思っていて、日本は日本だからこそこのライフスタイルがあるのであって、事実はこれが世界一だと思う人がたくさんいることです。私には少し環境面で合わない部分があるんだなって、自分なりにまとめています。自分らしくいられるような場所で、生き生きと暮らせるよう日々勉強です!コメントありがとうございましたヽ(*’▽’*)ノ

      いいね: 1人

tabisurueiyoushi にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください