5months Journey

空港でアーネとばいばいしてきました〜 彼は乗り継ぎ便でフィンランドにいます。

相変わらずHelsinkiは吹雪いてて、飛行機が前回と同様に出発しないらしく、大変な様子。

でも、無事にフィンランド着いてくれたから一安心でしょう!

 

さてさて。正直まだ感情的ではあるんですけど、自分の日常として1記事記録させてもらいます。

いつもブログ見てくれる方々、先にお礼を申し上げます(´;ω;`)ありがとう!

 


 

今日は遠距離恋愛について。

よく遠距離恋愛して失敗談しか聞かなかった大学時代。

国際的な大学でもあることから、外国の方とお付き合いする日本人の学生をよく見かけます。素敵なカップル達の話をきくと、やはり彼らも苦労してるみたいで。とても同感です。

なんでかって、本当に空港での別れが異常なくらいきっつい。

セキュリティゲートをくぐりぬけていった背中を今日も見送ったけど、自然と涙が頰をつたるから少し恥ずかしかった(笑)でも孤独と寂しさで苦しんでる気持ちを少しでも緩和しようと勝手に頭が働いてるから、どうしようもできないですね〜

ぼろぼろ泣きながら電車に乗り込む始末です。(¯―¯٥)

 

旅行で一緒に歩いた駅までの道、買い物したスーパーマーケット、コンビニ、聴いた音楽、読んだ本、観た映画、映画館、ペアリング、散歩した道、ランニングした道、朝一緒に飲むコーヒー、ゴミ箱に潜むレシート、枕、忘れていったズボンやシャンプー、ゲームセンターで手に入れた柴犬の人形、クリスマスプレゼントで贈られたPS4。

何もかもがちょっとした物なのに、涙を誘ってくるからしんどいんだ家にいるのが。(笑)

 

昼寝して耐えきれなくなった体を無理やり外に出して、大学で仲良くしてもらってる留学生の友人たちとプロカメラマンMくんに会いに行く。みんなでゲームを楽しんだ後、お別れしてジムへ。

 

ジムでは信じられないくらい動けた。ちょっとアーネのこと考えて少しトイレでダウンしたけど、それ以外はずーっと動いてて計600kcalぐらいは燃焼したとおもう(笑)

動いてると少しは楽になるんだよね、しんどいって気持ちが。

 

“いっしょにジムにいくから、契約しにいこう!”

“病院いこう!”

“食べよう!”

 

ちょっとした彼の行動は少しずつ私の人生を変えてくれていて、苦しいと思ってたことがいつのまにか5週間の間にできているようになっていました。彼が日本を発ってから気づくなんて、、、

本当に私は“人間というのは失ってから大切な何かに気づくことができる”ということを証明しているのです。ありがとう。

 

冬は一番嫌いな季節です。なぜなら一人で暮らしていると、途轍もない孤独を感じ、自分と話す時間、すなわち夜の時間が長いため、ちょっと人生に嫌になってしまうことが多々起きるからです。

初めて実家に帰らず、2018年を共に彼と終わらせたことは、何か新鮮で、違う自分を感じました。あぁ、人と過ごすってこういうことか。って素で感じたのです。

 

彼も私も、一人でいることは嫌いでないタイプ。むしろ、自分の時間は大切にしたいタイプで、ちょっとライフバランスを管理したい意向があるため、5週間連続して過ごしていても問題はなかったのでしょう。(アーネとも話したけど。)

とても今一番アーネとしたいことは、こたつに入って、暖かいジンジャーティーを飲みながら30分寝る前の読書タイムを持つことです。一人でするのも構わないのですが、やはり一緒にすることを覚えてしまうと、それが当たり前と認識してしまうので、どうしようもなく寂しい。

 

早く、3月こーい。

 

 

 

Chiaki

 

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください