Being “Half” in Japan

最近の異文化コミュニケーション論の授業では、

先生が日本在住の韓国人ということもあって、日本と韓国間について

取り上げていることが多いです。

昨日の授業で思ったこと、映画を観て思ったこと、そして先生と個人的に話したことを

今回はここで取り上げてみたいと思います。

 

まず、最初に述べておきたいのは、このブログは私が日常を生きていく中で

思ったことやシェアしたいなと思ったことを、自由に記事として書いていく

場にしたいと思い、始めたものです。

私は一体何を思ってこれを話しているんだろうとか、こんなの載せていいの?と

思い記事を見てくれた人は多いと思います。

 

世の中には偏見を持つ人なんてたくさんいて、私だって偏見を持っているんだろうと

自覚はしているし、そのぶん全ての偏見をこの世界から無くすなんてことは

不可能だと確信しています。

綺麗事ではあるけど、無くすことは不可能とも、”誤解”を解くことは可能であるはずなのです。

これを述べた上で、私が ”日本でハーフであること” を述べていきたいと思います。

 

The intercultural communications class which I am taking during this semester often brings up the problems of the relationship between Japan and South-Korea because the professor is South-Korean living in Japan. I will talk about what happened there in this article at this time.

I’d like to mention why I started this blog again. I began this blog with my hopes that I want to share what I feel through my life. I guess when you looked through some of my articles, you might have felt like “is she sure she wrote this?”.

Many people have prejudices, discriminations and stereotypes including me sadly. In my opinion, however, no one can say “I have none of these”. You never recognize you have those.

Although it seems to be naive thinking, I think we can work on removing misunderstanding together.

So, let’s talk about me “being half in Japan”.

 

 


 

最近の日本は、日本と外国、半分の血を持って生まれる、”ハーフ”であったり

4分の1の血を持つ”クオーター”であったり、日本に移住する外国人の方がとても多く見受けられます。

私はいわゆる “ハーフ“です。韓国の血をもつ父、日本の血を持つ母の下に生まれました。

韓国語?話せません。よく聞かれることです。日本語が第一言語です。第二言語は英語と言えるでしょう。

なんてったって韓国に行ったのは22歳にして、今年の夏にアーネくんと初めて旅行に行っただけです。

いとこは父も母も韓国人なので、完全な韓国人です。所謂”在日”というやつですね。

彼女たちは韓国語、日本語がネイティブレベルで話せます。

 

It is not rare anymore that we see people having a different background. I am “half”. I have a South-Korean father and Japanese mother.

I CAN’T speak Korean. Once people know that I am half, they ask me about this at first.

My mother tongue is Japanese, the second language is English. Korean is not included, unfortunately..

I travelled to South-Korea with my boyfriend for the first time this year. So the country is not so familiar with me.

My cousin is 100% South-Korean. So they are so-called “Zainichi” (Foreigners living in Japan. It’s often used for North and South Korean people.)

Their native languages are Japanese and Korean.

 

小さい頃からお正月でも、

I have grown up with a lot of Korean food.

 

<キムチ>Kimuchi

12_13_kimchi_01.jpg

<テールスープ>Tail soup

70d3235aee89ef1050e051f66112bd6b.jpg

<トック>Tteok (A class of Korean rice cakes made with steamed flour made of carious grains)

b43eab919148701401af9bb908fa1b9e.jpg

<ソンピョン>Shaped tteok, which is eaten during Korean thanksgiving day.

s2-b.jpg

 

など、たくさんの韓国料理に囲まれて育っていきました。

まぁそれを口にするには、父方の祖父母の家に行った時だけなんですけどね。

家では日本人である母の料理を食べてきたので、私の好物は彼女がつくる肉じゃがです。

(食べたくなってきた…)

祖父母の家には伝統服であるチマチョゴリなど、そんなものがたくさん置いてあります。

I only eat these food when I visit my Korean grand parents.

I normally eat Japanese food which my mom cooks, so my favorite food is her Nikujaga. (Nikujaga is a Japanese dish of meat, potatoes and onion stewed in sweetened soy sauce.)

My grandma has a Chima jeogori, which is for a women’s outfit consisting of a chima skirt and jeogori top.

imgrc0064532629

それが私にとっては自然なことで、自分の家は周りの日本人の子とは違うということを

認識はさらっさらしてなかったです(笑)

These things were very natural for me. So I did not recognize that I am kinda different from other Japanese kids at all.

.

.

.

私が周りのことは違うと認識し始めたのは、家庭の事情で転校した、

小学5年生からだと思います。

私がハーフであるということが、なぜか転校先の小学校の友達(?)に

広まっていたのです。

なぜでしょうか。今でもわかりません。

そのことでなぜかからかわれ、エスカレートし、男子に私の容姿に対してまで

言われるようになってしまいました。そばかす野郎!的なww

今思うと可愛いもんだな。まぁ小学生というのは繊細な時期でありまして、

言われたことは全て素直に受け取ってしまうものです。

その小学校ではあまりいい思い出はありません。というか、

地獄の時代だと思っています(正直)

 

It was my fifth grade at an elementary school after I transferred school I started recognizing I am “different”.

I still don’t know why the rumor of me being half was spread over my new elementary school.

Because of my background, kids especially boys started making fun of me. They even started making fun of my appearance, too. (Like “You have freckles! Gross!”)

It was very sensitive time when you are in elementary school year. You receive everything straight. I just could not ignore them.

I had no fun time at elementary school. I say it was the worst time of my life.

 

おかげさまで小学から引きこもりオンラインゲーのガチプレイヤーになってしまい、

1日少なくとも8時間はプレイしてましたね。

お金とかもこっそり課金してました。これでも当時かえでワールド

(オンラインゲームのチャンネル)の、わりかし有名な強いプレイヤーとして

頑張ってたもんですよ。小学生のくせにね。(苦笑)

通称めいぽと呼ばれるメイプルストーリー。

nexonさんのやつです。うーん楽しかったなー。

 

Thanks to them, I became a nerdy online-game player who never wanted to go to school. I played Maple Story at least for 8 hours a day.  I secretly put my real money in this game too. Even though I was an elementary school student, I was one of the strongest players in the channel of Maple at this game. This game is conducted by NEXON.

I miss playing this game… It used to be a really fun game. Now this game is called shitty online-game 😦

 

20151123232452-1280x631.jpg

 

 

話に戻って。何人かを除いて、その小学校(中学校)で出会った人々とは、

今後一生会うこともないし、話すこともないと思っています。

結局中学では色々あり、転校し、転校先の中学校では友人に恵まれ

楽しい中学生活を送ることができたので良きとします(¯―¯٥)

納得できないことはたくさんあったけどね。それも経験です。

さきほど述べたオンラインゲームでは、たくさんの青春の時間を失った代わりに

素早い人差し指によるタイピング力を手に入れ、

今でも正しいタイピングができず、人差し指で打っています。直せないよね

小さい頃からの癖は。(笑)

 

Speaking of my childhood, I don’t think I will see and speak to them again who I met at a new elementary school. Even after we became a junior-high school student, I had a lot of bad experiences, so eventually, I transferred to a new school again.

Fortunately, I had some trustworthy-awesome friends and graduated from there with happy emotions.

Of course, I had not only happy but bad experiences there, it could be one of my lifelong tests. All good.

I lost my happy adolescence time, I got a skill of quick typing on a keyboard with only two Index fingers instead. I haven’t been able to have official typing form because of my online game. I just don’t know how to fix this 😦

 

時は流れ、高校に進みます。

高校デビューに憧れて、宗教を崇める高校のなかでバカみたいに

髪を茶色に染めたり、スカートをあげたり、静修会という1日静かに過ごさなければいけない日にデカイ声で話したり、色々学内の決まりごとを破って暴れたりと、一人だけアホなことやってました。

楽しかったですけどね。

そこで一緒だった同級生は、みんな真面目だったよね〜

心から仲がいいと思える人はほんの一握り。

常に壁を感じていました。この人たちとは、仲良くなれない。

自分の中で人との壁を作り始めるようになったのは、この頃からかな。

仲良くする友人を選ぶようになりました。

そんなこともあり、高校では自分がハーフであるということは

あまり公にはしてませんでした。仲良い子には言ってたけどね。

アジア×アジアのハーフって、自分から言わない限りばれないもんですよ。

そんなもん。

 

Time goes by.

I was dreaming that I become “cool” high school girl.

My high school is Catholic. It has many strict rules and boring events. I am not Catholic. Why should I pray for a god who I do not believe!?

Since I could not pass the exam at public school, there was no choice for me. I had to go to school.

So I became so rebellious. Some of my teachers must’ve hated me. I dyed my hair brown because it’s not allowed. I tucked up my uniform skirt because it’s not allowed. I talked loudly when the school told us we should talk in a small voice. Just because.

I had fun anyways. It’s fun to break the rules. Why not?

Nobody broke the rules except me. Nobody was rebellious except me.

Obviously, I was only one stupid student. I got along with few people who accept me at a high school. I trust only a few people back. Other people just did not care about others. They love themselves. That is good though. We all die alone in the end. I felt no pressure but kinda lonely.

Since then, I started being picky to get along with people. I built the wall against people.

 

It was not public information that I am half Japanese and South-Korean. It is not revealed until you tell people. It helps that I am a mix of Asian types of blood.

 

高校の先生にはたくさんお世話になりました。

特に高校3年生時での担任の先生だったり、英語の先生だったり。

彼女、彼らのおかげで英語を勉強したいというモチベーションが上がり

今の国際色豊かな大学に入学した、といった感じです。

この大学は、留学生は確かに多いし、ハーフだったり、完全に外国人の血だけど

日本語が第一言語だったりする人たちが多く、日本ではとてもユニークな大学です。

だからこそ私はハーフであることに、あまり嫌な思いをしたことはなく、

というよりかは、この大学は居心地がよく、大好きです。

入学してよかったと心から思っています。

 

My teachers especially my classroom’s an English trust me and they were so sweet entire my school life. I appreciate them for giving me a strong motivation to study English. After all, I entered this international university.

This is a very unique university compared with others in Japan. I see many international students, “half” students and even Zainichi people, unlike my hometown.

I’ve never had a bad experience as being half here. I think of this place as a very much comfortable university. I love this school.

I am sincerely happy that I entered here.

 

そんな大学の授業で、よく異文化について授業があるのは珍しくはないのですが、

昨日の授業、先生が在日について取り上げ、私の中ではすこし

「この先生、勇気があるな」

という印象がありました。

 

日本人で、在日の方を嫌う方は少なくは無いです。

ニュースで「在日朝鮮人(韓国人)が窃盗で逮捕されました〜」とか流れると、

嫌韓の方(特にネット右翼といわれる人々)は来たといわんばかりに

「これだから韓国は」という言い方をします。

 

先生は在日韓国人です。在日の人々についてを日本人生徒にプレゼンするのって

ある意味すごいことですよ。

We have many intellectual communication classes bc it’s supposed to be international university.

Last class, the teacher brought up the “Zainichi” problem in the class.

She was brave.

I was like

“Zainichi person was giving a lecture about Zainichi to Japanese students!? What!?”

If I were her, I wouldn’t do that because it is dangerous.

 

In Japan, there are a lot of people who hate Zainichi people. I’ve seen such people. No doubt.

When haters watch the news “Zainichi Korean person got arrested on a charge of larceny…”

They react like “See? That’s why I hate Zainichi”.

 

授業の中で、映画を一本見ました。GOという、在日朝鮮人を取り上げた映画です。

先生がここでとても強調していたのは、「在日韓国人」と「在日朝鮮人」は

違うということ。

すなわち、私は「在日韓国人」である父を持つということですね。

 

We watched the movie “GO” in the class. It brings up the “Zainichi” problem through the entire movie. The professor emphasized the difference between “Zainichi South-Korean” and “Zainichi North-Korean”. We all tend to categorize both of them as Zainichi, but she claimed that there is a huge difference…

 

11014.jpg

 

途中までしか見られなかったけれど、主人公の朝鮮学校での日々、

日本人の彼女の家にお邪魔したときの経験であったり、焼肉屋でのシーン、

とても印象深かったです。

そういえば私も小さい頃お父さんに連れられて家族で韓国人が経営する

焼肉屋によくいってたなーとか。ちょっとしたことを思い出していました。

 

We are stopped on the only halfway through, it was very impressive how the character spends the time in school, in his girlfriend’s house and Yakiniku place which his mom works at. It reminded me of my childhood when my father took me to eat Yakiniku.

 

その授業が終わった後、教授のもとにいき、個人的に聞いたこと。

「先生はなぜこの映画を私たちにみせたんですか?

リスキーなことだと思われなかったんですか?」

先生は、まず先ほど述べた「在日韓国人」「在日朝鮮人」の違いが

なんとなくでいいから、この映画をみることで、分かってもらえればいいなと

思ったから。と答えてくれました。

 

After the class, I went to ask my professor about my personal questions.

“Why did u show us this movie? Didn’t you think it was a risky thing to do?”

First of all, she answered she wanted us to understand the difference between Zainichi South-Korean and North-Korean.

 

そこから色々話が繋がり、

私がハーフであること、幼少期あまりいい思い出を持たなかったこと、

ハーフであるのに韓国に対していい思いをしていないこと、それは自分の周りにいる

韓国人からの影響であること…

たくさん話しました。

 

The conversation got extended after that.

I told her that I am half Japanese and Korean, I didn’t have many good memories when I was little, I don’t have a positive image of South-Korea and it is influenced by my family…

 

先生は、私の話を聞いた上で、先生の息子さんの話をしてくれました。

先生の息子さんは、日本人の父、韓国人である先生の血をもつことから

わたしと同じ状況である”ハーフ”ということです。

彼と私の幼少期の状況はとても違うものでした。

 

She told me about her son after she listened to my story. Her son is Japanese-Korean as well since she is Korean.

Our childhood age seems to be very different.

He was a

 

先生は、この世をうまく生きるのなら、嘘を上手に使うこと。

生きていくのに全てに正直でいたら、自分が壊れてしまう。

もし自分の前に”敵”が現れたのなら、事前に用意しておいた”言葉”を使うこと。

(こう言われたらこう言い返す、というマニュアルのようなもの)

 

日本に住むハーフの人は、ある意味苦しい立場に置かれている。

どちらの国にも中途半端に所属しているから。

日本は異国の血をまだ珍しい目でみる傾向にある。

 

と、先生は言っていました。

 

もし息子さんが、日本で傷ついても、韓国に行くべきか?

そうではない。彼にとっては日本が自分の生まれ育った国であるが、

韓国に逃げたとしてもそこは自分の国と必ずしも言い切れない。

 

そういう意味で、ハーフというのは”中途半端でかわいそう”らしいのです

 

なんだかぼーっとして聞いていましたが、まだ自分のなかで処理しきれていません。

ということは、日本でハーフであることというのはかわいそうなのか?

 

そうではないと思います。

 

確かに日常的にちょっとした差別を受けることは少なくはないと思うのですが、

そのぶん最近はハーフであっても会社では受け入れられるし、

(わたしも就活時、面接の時は聞かれたら答えていました)

違う言語を話せることは「他の人と違う」ということで受け入れられる。

(これが通用するのはある意味日本だけなのかなぁと思うのですが)

世界にちょっとずつ馴染んでいく日本に現れている変化だと思います。

 

 

日本では「ハーフ」であるということは、いまだに珍しい存在として

扱われます。

 

まだ自分が韓国について誤解を抱いているのは否定できないのですが、

ちょっとずつでいいからこの国について知っていけたらいいなと思っています。

 

ハーフのみなさんは日本で過ごしていて、どう思いますか?

もし居心地が悪いのなら、自分の血にこだわらなくたっていい。

自分が居心地がいいと思える国に移住すればいいのです。だって留まる必要なんて

もうこの時代に無いんだもの。

 

わたしはたとえ就職をした後でも、

少し工夫をして、もうちょっと広い世界を見たいと思っています。

 

せっかく私として生まれてきたからね、

 

 

 

 

Chiaki

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください