South-Korea 2018 Part3

前回は「平和の橋」を眺めることができる安全保障テーマパークや、

北朝鮮を眺めることが出来る展望台のことを中心にお話しさせて頂きました!

前回記事はこちら

朝鮮について考えさせられた良い経験でした。

まだ見ていない方は是非チェックしてみてください。


 

引き続き旅行2日目の7月6日(金)についてです。

この記事の始めでは、「京義線都羅山駅」について紹介していきたいと思います。

駅の中で見つけた面白い看板。

7520746992_IMG_6113.jpg

「平壌方面」という字が見えるでしょうか。

そうです、平壌駅とは北朝鮮の最大のターミナル駅の名前です。

私は「あれ?でも北と南って簡単に行き来できないよね?」

と疑問に思い、ツアーガイドさんの話に熱心に耳を傾けます。(英語なので尚更集中して笑)

中に入ると入国審査の場所があるらしく、北朝鮮から来た人の入国を審査するために

つくられたらしいです。

しかしこの駅はまだ実際に使われているわけではなく、将来大陸に向かうための

ターミナル駅としてつくられたようですね。

今回参考にさせていただいた方の記事は、見ていてとても面白いと思ったので

みなさんも是非のぞいて見てください!

 

参考:Train Nostalgia

 

7583693760_IMG_6106.jpg

韓国語が読めないので、真っ先に英語に目がとまる私です(笑)

Not the last station from the South. But the first station toward the North.

南から最後に止まる駅ではなく、北に向かう最初の駅である。

そういった訳でしょうか。

この写真、今でもみるとハーっとなります。なんか緊張する感じ。

将来北朝鮮と南朝鮮が平和協定を締結したら、本当に実現するんだなあと。

今はまだ観光地の一つとして寂しい雰囲気を漂わせる駅ですが、

将来は北と南の人々で賑わう最初の駅になるのだと考えると、ワクワクしますね!

7520750976_IMG_6104.JPG

北と南の小学生があつまり、オーケストラ演奏をしていました!

残念ながら片側の国の子達しか撮ることができなかったのですが…

(撮影禁止とかじゃなくて、単なる私の怠惰のせい)

右奥の男の子が盛大に口を開けている瞬間を撮ってしまいました。

いい歌手になれそうな一枚(笑)

7654897664_IMG_6117.JPG

駅で疲れた様子で佇んでいた兵士の後ろ姿。

お疲れ様です。

 

そして次が面白いおまけ写真です。

駅を後にした私たちのバスがいきなり止まってしまいました。

ほんとにキキーッという音を出して止まったので、乗客の皆さん私含めて全員驚いてました。

彼氏さんの横で口を開けてぐっすり眠っていた私がなにごとかと思い目を覚ますと。

アーネ「ちあきカメラかして!!!!!」

おうおうなんだなんだ、リュックからカメラとっていいよ。

そういってすぐ私のカメラを構えた彼の先には…

 

7654898816_IMG_6126.jpg

 

野生の豚と捕獲員のみなさま。

 

シュールか(笑)こんなシュールな光景あるのか…お疲れ様ですPart2。

ある意味わたしたちはラッキーでしたね。

ツアーガイドさんも「Oh what’s going on!!!」と口を大にして笑っていました笑

それにしても野生の犬に続き野生の豚…ワイルドだ…

Photo Credit: アーネ

 

今回でDMZツアーについての紹介は終わらせて頂きたいと思います。

話を少し変えてしまいますが、

ツアーが終わってCity Hallにバスを降ろされたお腹ぺこぺこの私たちが食べたもの。

それは。ビビンバ

IMG_3106.JPG

私が頼んだのは、ユッケビビンパ?です。

いつも通りキムチやオニオンのチャージフードがついて来ました。

というか実際これお金はかかってないんですよね…太っ腹韓国。

 

「Raw beef?」と50代ほどの女性店員の方に心配されましたが。

これユッケですよね?

「Ok ok I love it」(大丈夫です大好きです)

と彼女に返答した私を横目に、変な顔をして私を見つめるアーネ。

「You eat raw beefs?」(生肉食べるの…?)

と。生肉かよまじかよ。と心配してくれました。

アメリカの友達と話しした時も聞いていたのですが、彼らには生卵や

生肉(ユッケやとりさし)を食べる習慣がないんですねー。

火が通っていないと気持ち悪くて食べられない!

と言っていました。

これも文化の違いでしょうか?

 

この時彼がユッケを食べることはなかったのですが、

最近彼のお父さんが日本を訪ねて来て、彼と一緒に東京を案内して、

ランチを食べた際に食べ放題の生卵がテーブルにあったんですね。

それをご飯の上にかけて食べる私を見て、

「I wanna try」(挑戦してみたい。)

と真似して醤油付き卵かけご飯を平らげていました。

なんにでも挑戦したいという気持ちを常に持っているので、

すごいなぁと思わされた番外エピソードをここで紹介させて頂きました(笑)

 

記事をご覧くださってありがとうございました!

これからも韓国旅についての記事は続きます…


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください